人気ブログランキング |

おすすめの3冊(2018年3月上旬)

重松清のオヤジ応援3部作~オヤジだからこそ流せる涙もある


『ファミレス』(角川文庫、2016年)

  日経新聞連載、2013年日経新聞社刊

 「メシをつくることは、それを食べる相手の笑顔を見たいと思うってこと。料理を覚えることは、優しさを覚えることでもある」

おすすめの3冊(2018年3月上旬)_f0212622_14170958.jpg



『あすなろ三三七拍子』(講談社文庫、2014年)

  「サンデー毎日」連載、2010年毎日新聞社刊

 廃部寸前の応援団を救うため学ランを着て大学生になることを命じられたサラリーマンのドタバタ物語。泣かせます。

おすすめの3冊(2018年3月上旬)_f0212622_14150989.jpg


『希望丘の人びと』(小学館文庫、2011年)

  「週刊ポスト」連載、2009年小学館刊

 神戸連続児童殺傷事件の現場となった兵庫県のニュータウンを歩いて紡ぎだした「希望」の物語。シゲマツの教育への思いがほとばしる。

おすすめの3冊(2018年3月上旬)_f0212622_14152976.jpg


by tanpopo-tera | 2018-03-06 14:27 | 気まま日記
おすすめの一冊(2018年2月) >>